韓国ライブエックスビデオ テレクラの現在大阪

先週ヒアリングしたのは、それこそ、以前よりゲリラマーケティングのアルバイトをしていない五人のおじさん!
出揃ったのは、韓国ライブエックスビデオキャバクラで働いていたAさん、現役男子学生のBさん、芸術家のCさん、有名芸能事務所に所属したいというDさん、お笑い芸人を目指すEさんの五人で
筆者「では最初に、辞めた動機から聞いていきたいと思います。Aさんから順にお願いします」

恋につながる韓国ライブエックスビデオ テレクラの現在大阪の恋愛観

A(元メンキャバキャスト)「小生は、テレクラの現在大阪女性心理がわかると思い開始しました」
B(1浪した大学生)「おいらは、ボロ儲けできなくてもいいと考えて辞めましたね」
C(歌手)「小生は、シンガーソングライターをやってるんですけど、まだ未熟者なんでちっとも稼げないんですよ。一流になる為にはささやかな所からこつこつ下積みするのが大事なんで、、こんなことやりたくないのですが、しばらくはアンダーグラウンドな場数を踏もうと思って」
D(某タレント事務所所属)「俺は、テレクラの現在大阪○○って音楽プロダクションに所属してピアニストを目指しつつあるんですが、一回のステージで500円しか入らないんで…先輩に紹介していただきサクラのバイトをやっていたんです」

韓国ライブエックスビデオ テレクラの現在大阪の注意点

E(若手ピン芸人)「実を言えば韓国ライブエックスビデオ、わしもDさんと似たような感じで、韓国ライブエックスビデオ1回のコントでもらえて数百円の楽しい生活してるんです。先輩の紹介で、ゲリラマーケティングの仕事を開始しました」
あろうことか、全メンバー中半数以上が芸能事務所に所属しているという至って普通のメンバーでした…、ところが話を聞き取っていくとどうやら、彼らにはサクラ独自の苦労があるようでした…。

関連記事