女の子電話生 ライブチャット関西

本日インタビューできたのは、まさに、以前からサクラのパートをしている五人の少年!
出席したのは女の子電話生、昼キャバで働くAさん女の子電話生、貧乏大学生のBさん、売れっ子アーティストのCさん、音楽プロダクションに所属するというDさん、芸人志望のEさんの五人です。
筆者「では先に、始めた動機からうかがっていきましょう。Aさんは後ほどお願いします」
A(昼キャバ勤務)「俺は、女性の気持ちが理解できると考え気がついたら始めていました」

入り組んだ女の子電話生 ライブチャット関西で出会いを探す方法

B(1浪した大学生)「わしは、稼げなくてもいいと思って躊躇しましたね」
C(アーチスト)「わしは、ミュージシャンをやってるんですけど、まだ新人なんで全く稼げないんですよ。スターになる為には詰らないことでもこつこつ下積みするのが大事なんで、、こうしたバイトもやって、当分アンダーグラウンドな体験を増やそうと思って」
D(某音楽プロダクション所属)「俺は、女の子電話生○○ってタレントプロダクションでミュージシャンを夢見てがんばってるんですが、一回のコンサートでわずか500円しか貰えないんで…先輩が紹介してくださったサクラのバイトをやっています」

三大体験!女の子電話生 ライブチャット関西を使っている男性の特徴

E(お笑い芸人)「実のところライブチャット関西、ボクもDさんと似たような状況で、1回のコントで僅か数百円の悲しい生活してるんです。先輩から紹介を受けて、ステマのバイトを始めました」
よりによって、ライブチャット関西メンバー五人のうち三人がタレントプロダクションに所属しているという普通のメンバーでした…ライブチャット関西、それなのに話を聞いてみたところ、五人にはサクラによくあるおもしろエピソードは無さそうでした…。

関連記事