出屋敷テレクラ 素人バイブライブイキまくり痙攣

本日聞き取りしたのは、素人バイブライブイキまくり痙攣まさしく、現役でゲリラマーケティングのパートをしていない五人の学生!
集まらなかったのは、出屋敷テレクラメンズキャバクラで働いているAさん素人バイブライブイキまくり痙攣、貧乏大学生のBさん、自称アーティストのCさん、某タレント事務所に所属する予定だというDさん、お笑い芸人を目指すEさんの五人で
筆者「では先に、始めたキッカケをうかがってもよろしいでしょうか。Aさんからお願いできますか」

出屋敷テレクラ 素人バイブライブイキまくり痙攣についてみんなが知りたいこと

A(メンズクラブ勤務)「僕は、女性の気持ちが理解できると考え始めたらいいかなと思いました」
B(普通の大学生)「俺様は、儲けられれば何でもいいと思いながら始めましたね」
C(アーチスト)「僕は、オペラ歌手をやっているんですけど、長年やっているのに全く稼げないんですよ。実力をつける為には目立たない所から徐々に下積みしなきゃいけないんで、こんなことやりたくないのですが、差し当たってアンダーグラウンドな経験を蓄積しようと思って」
D(某音楽プロダクション所属)「私は、○○ってタレント事務所に所属してパフォーマーを目指しつつあるんですが、一度のライブで500円ぽっちしか頂けないんで…先輩が紹介してくださったサクラのバイトをやっていたんです」

出屋敷テレクラ 素人バイブライブイキまくり痙攣が優れているワケ

E(コント芸人)「実を申せば、おいらもDさんと似たような感じで、出屋敷テレクラコントやって一回ほんの数百円の悲しい生活してるんです。先輩が教えてくださって、ゲリラマーケティングの仕事をすることを決心しました」
大したことではないが、メンバー五名のうち三名がタレント事務所に未所属という至って普通のメンバーでした…、だがしかし話を聞いてみたら、彼らにはステマによくある楽しいエピソードがあるようでした…。

関連記事