テレホンレディコツSM 激エロライブ

昨夜聴き取りしたのは、まさに、テレホンレディコツSM以前からステマのバイトをしていない五人の中年男性!
出席したのは、メンズクラブで働くAさん、貧乏学生のBさん、自称アーティストのCさん、某芸能プロダクションに所属しているはずのDさん、芸人に憧れるEさんの五人です。
筆者「まず先に、辞めたキッカケを質問していきます。Aさん以外の方お話しください」
A(元メンキャバ勤務)「わしは、テレホンレディコツSM女心が分からなくて辞めました」

純粋なテレホンレディコツSM 激エロライブでの悪質男性撃退法!

B(大学2回生)「小生は、ガッツリ儲けられれば何でもいいと考える間もなく始めましたね」
C(クリエイター)「オレは、シャンソン歌手をやってるんですけど、まだアマチュア同然なんでそこそこしか稼げないんですよ。トップスターになる為には小規模な所から着々と下積みしなきゃいけないんで、こういう仕事をやって、ひとまずアンダーグラウンドな見聞を広めようと思って」
D(某芸能プロダクション所属)「私は、○○って芸能事務所にてパフォーマーを辞めようと考えているんですが激エロライブ、一度のリサイタルで500円だけしか入らないんで…先輩の紹介でサクラのバイトをやっています」
E(お笑いタレント)「実際は激エロライブ、おいらもDさんと似た感じでテレホンレディコツSM、1回のコントでたった数百円の貧しい生活してるんです。先輩に教えていただいて、ゲリラマーケティングのバイトをしなければと考えました」

美しいテレホンレディコツSM 激エロライブへの注意

驚くべきことに、五名中三名がタレントプロダクションに所属中という退屈なメンバーでした…、なのに話を聞かずとも、五人にはステマ独自の仰天エピソードは無さそうでした…。

関連記事