テレフォンSEXをさせる男 テレエッチする女性

先月インタビューを成功したのは、ズバリ、いつもはサクラの正社員をしていない五人の学生!
顔を揃えたのはテレエッチする女性、メンズキャバクラでキャストとして働いていたAさん、普通の大学生Bさん、売れっ子芸術家のCさん、芸能プロダクションに所属していたというDさん、漫才師を目指すEさんの五人で
筆者「では、やり出すキッカケからうかがってもよろしいでしょうか。Aさん以外の方からお願いします」

家庭ではテレフォンSEXをさせる男 テレエッチする女性満喫!

A(昼キャバ勤務)「僕は、女心が知りたくて始めるのはやめました」
B(普通の大学生)「自分は、収入が得られれば何でもいいと思ってスタートしましたね」
C(シンガー)「うちは、テレフォンSEXをさせる男オペラ歌手をやっているんですけど、テレフォンSEXをさせる男まだヒヨっ子なんでさっぱり稼げないんですよ。スターになる為にはでっかいことでなくてもこつこつ下積みするのは不本意ですが、こんな仕事やりたくないのですがテレエッチする女性、一旦アンダーグラウンドな経験をしようと思って」
D(タレントプロダクション所属)「ボクは、○○って芸能事務所に所属してミュージシャンを目指してがんばってるんですが、一度のライブで500円しか受け取れないんで…先輩が教えてくださったサクラの仕事をやっているんです」

好きか嫌いかテレフォンSEXをさせる男 テレエッチする女性を事前に登録

E(若手お笑い芸人)「お察しの通り、私もDさんと似た状況で、1回のコントでほんの数百円の侘しい生活してるんです。先輩に紹介していただき、ステマの仕事を始めることにしました」
驚いたことに、五人のうち三人が芸能事務所に未所属という貧相なメンバーでした…、それなのに話を聞いてみるとどうも、五人にはサクラ独自のおもしろエピソードは無さそうでした…。

関連記事