スカイプナンパにこっと 立川テレクラ事情

先日インタビューできたのは、言うなら、現役でステマの契約社員をしている五人の男女!
駆けつけたのは、立川テレクラ事情メンズキャバクラでキャストとして働いているAさん、この春から大学進学したBさん、クリエイターのCさん、タレント事務所に所属する予定のDさん、スカイプナンパにこっとお笑いタレントを目指すEさんの五人です。
筆者「最初に、始めた原因から質問していきましょう。Aさんからお願いできますか」

モテる男性が語る!スカイプナンパにこっと 立川テレクラ事情という優しさ

A(メンキャバキャスト)「オレは、女性心理が分からなくて気がついたら辞めていました」
B(就活中の大学生)「オレは、儲けられれば何でもいいと思いながら始めましたね」
C(シンガーソングライター)「私は、ジャズシンガーをやっているんですけど、長年やっているのに丸っきり稼げないんですよ。ビッグネームになる為には光の当たらない所から徐々に下積みしなきゃいけないんでスカイプナンパにこっと、こうしたバイトもやって、何よりもまずアンダーグラウンドな経験値を溜めようと思って」
D(某音楽プロダクション所属)「おいらは、○○ってタレントプロダクションで音楽家を目指し励んでるんですが、一度の舞台でわずか500円しか貰えないんで…先輩に教えていただきサクラのバイトを始めたんです」

スカイプナンパにこっと 立川テレクラ事情の作り方

E(お笑い芸人)「実際のところ、立川テレクラ事情俺様もDさんと近い状況で、1回のコントで僅か数百円の極貧生活してるんです。先輩が教えてくださって、サクラのアルバイトをすることになりました」
こともあろうにスカイプナンパにこっと、五名のうち三名が芸能プロダクションに未所属というパワフルなメンバーでした…、だが話を聞かなくてもわかるように、五人にはサクラによくある心労があるようでした…。

関連記事